調理講習会 開催レポート

佐賀県

開催日平成23年8月2日(火)
会場佐賀県多久市中央公民館
主催(社)全国学校栄養士協議会 佐賀県
講師(公財)学校給食研究改善協会 博多晶子/菜の菜 松本貞子
参加人数59名
県産の季節の材料と学校給食用優良食品を活かした献立調理を学び、学校給食の質の向上につなげることをねらいとして実施しました。
学校給食用優良食品の中でも使い慣れていない食材については、新たな発想につながり、献立の幅が広がりました。参加者に対して調理した分量が多かったので、今後実施する際には品数と調理する量についても配慮したいと思います。

実習献立

蟹ボールともずくのふんわり卵煮込み
しゃきしゃき野菜の梅昆布和え
ささみと切干大根のプチプチ和え
お月見だんご
もずく丼
青大豆ペーストのポタージュスープ

<その他の実習献立> ぶたキムチ、もやしチャンプルー、かぼちゃと枝豆のサラダ 等

献立に使用されている学校給食用優良食品

美ら海育ちもずく
学校給食用カルシウム米
青大豆ペースト
スクール糸かまぼこ
ほぐしささみ(水煮)
白花豆&白いんげん豆ペースト
スクールかにボール

ページトップへ