開催レポート2012年 北海道・東北地方

2012年 7月27日(金)
テーマ:「子どもが野菜好きになる簡単メニュー」を親子でいっしょに作って味わってみよう
主催:青森県 平内町立小湊小学校PTA

炊き込みピラフ
かぼちゃポタージュ
なすと手作りミートソースの重ね焼き
ツナサラダのにんじんマヨネーズがけ
高学年の児童はナス料理を家庭でも作ってみたいと言っていたのでなす嫌いが克服できた子もいたようです。親子でじっくり料理し、他の親子とコミュニケーションがとれました。
友達と協力しながら、教室を通して調理技術を身につけることができました。反省点は品数4品にしたのでやや時間がかかってしまったことです。3品くらいが適当だったように思います。(指導:教務主任 寺嶋浩志/栄養教諭 今井裕子)
「にがてのなすがこんなにおいしいんだ」と思いました。料理教室にきたおかげだと思います。(1年生児童)
子どもたちはいろいろな切り方を覚えたと思います。作るだけでなく盛りつけや片付けも友達と協力しながらやりよい経験になったと思います。(保護者)
2012年 8月 8日(水)
テーマ:おいしいお弁当を作ろう!
主催:青森県 平川市立小和森小学校

いろいろおにぎり
えのきの豚肉まき
たまごやき
揚げないエビマヨ
ピーマンの中華ごまあえ
にんじんとたらこのパラパラ炒め
本校では今年度から親子で作った弁当を縦割り班で食べる「なかよし弁当の日」の取組みを行っていることからおにぎり作りや子どもでも簡単に作れるおかずを実習しました。
子ども主体に調理を行ったことや品数の多さから予定より時間がかかったが大きな自信につながったと思います。食育の話では主食・主菜・副菜を揃えることや「まごはやさしい」食材をテーマにしました。親子で共有することで家庭での実践につながりやすいと感じました。 (指導:栄養教諭 吉田玲子)
「まごはやさしい」に、寿命が長くなる秘密が隠されていることがよく分かりました。一人で家族や自分の食事を作ってみたいです。(5年生児童)
男の子なのでこれからもぜひこれから積極的にキッチンに立ってほしいと思います。(保護者)

ページトップへ