玄米おやき

玄米おやき
新潟県支部講習会レシピ(平成21年度)。 上越地方の郷土料理。

レシピ作成

金井 エイ子

 

材 料 【1人分】

材料・皮(30個分)
玄米粉(1200g)
もち米粉(240g)
水(ぬるま湯 1000cc)
具・うち豆(10個分)=うち豆(100g)
サラダ油(大さじ1)
みそ(70g)
みりん(大さじ2)
砂糖(20g)
具・野沢菜(10個分)=野沢菜(200g)
サラダ油(大さじ1)
酒(小さじ1)
みりん(大さじ1)
しょうゆ少々
ピリッコ少々
具・あん=小豆(150g)
さとう(180g)
塩(1.2g)
※栄養価は具・うち豆

作り方


(1)玄米粉ともち米粉を混ぜ、湯を注ぎながら軽く混ぜる。                                    
(2)(1)を一握りくらいずつ丸めて蒸す(約15分)。1個約70g。                                 
(3)蒸しあがったら、熱いうちに手で捏ね(耳たぶくらい)、30等分して中に具を入れて包む。                                   
(4)包んだものをホットプレート、又はフライパンで両面に焦げ目がつくまで焼く。
具(うち豆)
(1)フライパンに油をひいてうち豆を炒める。
(2)少し、カサカサになったら調味料を加えて味を調える。
具(野沢菜)
(1)野沢菜は水分をきって細かく切る。
(2)フライパンに油を引いて炒め、酒・みりんを入れてさらに炒め、仕上げにしょうゆとピリッコをいれる。
具(あん)
(1)小豆は前日に水に浸し、やわらかくゆでる。1回ゆでこぼす。
(2)新しく水を加えてアクをとり、煮る。
(3) 砂糖と塩を加え水分がなくなるまで練る。

 

栄養価

エネルギー(Kcal) 243
たんぱく質(g) 7.6
脂質(g) 3.5
カルシウム(mg) 35
マグネシウム(mg) 71
鉄(mg) 2
亜鉛(mg) 1.1
ビタミンA(μgRE) 0
ビタミンB1(mg) 0.24
ビタミンB2(mg) 0.06
ビタミンC(mg) 0
食物繊維(g) 3.2
食塩相当量(g) 0.9




このレシピを見た人はこんなレシピも見ています

ごぼうのクリーム煮 りんごの山ぶどう煮
スタミナなっとう丼 グリーンボール入り白花豆のスープ
ミルクご飯 大豆入りもずく丼
ささみと玉子けんちんの茶巾揚げ くだもののカッテージチーズ和え
カレーパン