トピックス
「第8回食育推進全国大会~お(い)しい広島、たのしい日本~食育を科学しよう!」が広島市で開催され、当協会も出展しました

  • 日 程 平成25年6月22日(土)・23日(日)
  • 場 所 広島県立広島産業会館西展示館 広島市南区民文化センター 県立広島大学
  • 主 催 内閣府、広島県、第8回食育推進全国大会広島県実行委員会
  • テーマ お(い)しい広島、たのしい日本~食育を科学しよう!

本大会は今年で8回目。食育推進全国大会は、食育月間における中核的行事として、食育に対する国民の理解を深めるとともに食育の取組への積極的な参加を促し、国民の健全な食生活と豊かな人間形成に大きく寄与することを目的として開催されています。
食育に関する取組についての展示の他、講演、パネルディスカッション、料理体験やステージイベント、ミニステージ、ワークショップなど催され、多数の来場者で賑わいました。
当協会は、『学校給食・学校における食育に関する絵画』の入賞作品等を展示しました。さらに、『学校給食・食育検定』を実施し、訪れた家族連れや子どもたちは、バランスのとれた朝食の大切さと学校給食に欠かせない牛乳のカルシウムについての『検定問題』に楽しみながら取り組んでいました。

大会初日には、森 まさこ内閣府特命担当大臣、湯崎 英彦広島県知事が当協会ブースを視察されました。

検定に挑戦検定問題
※検定問題は当協会発行情報紙『すこやか情報便第7号』『すこやか情報便特集号』を基に作成しています。

広島県公式ページ はこちら

内閣府公式ページ