トピックス

全国の栄養教諭・学校栄養職員の手により、災害時、緊急時に「いのちをつなぐ」非常食が開発されました


 平成23年3月11日の東日本大震災では、建物の損壊、電気、ガス、水道などライフラインの停止による学校給食施設の使用不能や、ガソリン不足、道路の寸断などによる輸送の不能により、給食の提供が不可能になりました。震災直後は、救援物資が届かず食料不足となりました。

 全国の栄養教諭・学校栄養職員は、このような非常事態に備えて何かできることはないのかと考え、すべてのライフラインが途絶えた中で救援物資が届くまでの「いのちをつなぐ」非常食を開発されました。

 それが『全学栄 救給カレー』です。

救給カレーの特徴  
  • アレルギー特定原材料等27品目不使用です。
        (アレルギー特定原材料等27品目は、救給カレーのパッケージ裏面に記載されています。)
  •  
  • ごはんが入っていて、温めずそのまま食べられます。
  •  
  • 給食でも人気のカレー味です。
  •  
  • スプーン付で、容器はそのまま食器として使用できます。
  •  
  • 子どもでも簡単にあけることができるよう加工してあります。
  •  
  • 原料は、国産のうるち米、スイートコーン、じゃがいも、人参、玉ねぎ、トマトピューレ、ぶなしめじを使っています。
  •  
  • 栄養のプロである栄養教諭・学校栄養職員による開発のため、栄養成分のバランスがすばらしく、噛み応えのある素材が使用されており、そしゃくにより満足感が得られます。
     
  • 専門家による製造メーカーへの指導が徹底されており、安全安心です。
  •  

           詳しくは「全学栄 救給カレー」案内リーフレット (PDF)をご覧ください。

    お問い合わせ先 公益財団法人学校給食研究改善協会 Tel 03-3357-6755
       メールの場合は 「お問合せ」 からお願いいたします。
      
        
    救給カレー 規格 150g/袋×40袋入/箱(個包装スプーン付)
    賞味期限 3年
    保存温度帯 常温
    アレルゲン なし








    公益社団法人全国学校栄養士協議会 開発
    公益財団法人学校給食研究改善協会 認定