トピックス
第55回全国栄養教諭・学校栄養職員研究大会が開催されました

「第55回全国栄養教諭・学校栄養職員研究大会」が福井県で開催され、全国の栄養教諭・学校栄養職員・学校給食関係者等、約1,000人が参加しました。
同研究大会は、学校における食育の推進に向けて、児童生徒に対する食に関する指導の在り方や学校給食の充実方策について研究協議し、栄養教諭・学校栄養職員の資質向上を図ることを目的に、毎年開催されている全国規模の研究大会です。
当協会:公益財団法人学校給食研究改善協会は、福井市フェニックスプラザ1階で、学校給食用非常食である全学栄「救給カレー」を始め、全学栄関連製品をご紹介しました。(下写真)

福井県教育委員会ページ

 
  • 主 題 「栄養教諭を中核とした学校における食育の推進」~食育のふるさと ふくいから発信!~
  • 主 催 文部科学省、福井県教育委員会、福井市教育委員会、公益社団法人全国学校栄養士協議会、公益財団法人福井県学校給食会
  • 協 賛 全国学校給食会連合会
  • 期 日 平成26年7月31日(木)、8月1日(金)
  • 会 場 全体会・展示 福井市フェニックスプラザ(福井市田原)
    分科会 福井市フェニックスプラザ、アオッサ(福井市手寄)、福井市国際交流会館(福井市宝永)
  • 内 容
    ○全体会 (敬称略)

    ◇文部科学省説明:「学校における食育の推進と栄養教諭の役割」
                  文部科学省スポーツ・青少年局長 久保 公人

    ◇記念講演:演題
    「福井県の恐竜時代」
    講師:
    福井県立恐竜博物館特別館長 福井県立大学恐竜学研究所 教授 東 洋一

    ◇実践発表:主題
    「おいしい給食から広がる 元気っ子ふくいの食育」
     
    発表者:
    福井県福井市社南小学校     栄養教諭/髙柳 厚子
    福井県勝山市立成器南小学校   栄養教諭/村田 佳織

    ◇シンポジウム:主題
    「今後の学校における食育のあり方」
     
    コーディネーター:
    文部科学省スポーツ・青少年局 食育調査官/濱田 有希

    シンポジスト:
         21世紀構想研究会     理事長/馬場 錬成
         武庫川女子大学文学部教育学科 専任講師/藤本 勇二
         仁愛大学          名誉教授/谷 洋子
         福井県鯖江市河和田小学校  栄養教諭/宮澤 美智子

    ○分科会  (1)~(8)各分科会と研究主題

    ◇食に関する指導:
    (1)単独校
      研究主題「学校における食育を推進するための食に関する指導はどのようにしたらよいか」
    (2)共同調理場
      研究主題「学校における食育を推進するためには食に関する指導はどのようにしたらよいか」
    (3)個別指導(食物アレルギーやスポーツを行う児童生徒への指導)
      研究主題「児童生徒や保護者に対する個別的な相談指導はどのようにしたらよいか」
    (4)個別指導(肥満痩身傾向のある児童生徒への指導)
      研究主題「児童生徒や保護者に対する個別的な相談指導はどのようにしたらよいか」
    (5)特別支援学校
      研究主題「障害を有する児童生徒の食に関する指導や個別的な相談指導はどのようにしたらよいか」
    (6)学校と家庭・地域の連携推進
      研究主題「学校と家庭・地域との連携を深め、学校における食育を推進するためにはどのようにしたらよいか」

    ◇給食管理:
    (7)栄養管理
      研究主題「児童生徒の体格及び活動レベルならびに地域の実情等に配慮した栄養管理を行うためにはどのようにしたらよいか」
    (8)衛生管理
    研究主題「学校給食の衛生管理を徹底するためにはどのようにしたらよいか」

  • シンポジウム

    大会シンポジウムの様子

    シンポジウム

    展示『救給カレー』ご紹介
       
次回(第56回)は、平成27年7月29日(水)、30日(木)徳島県(徳島市 アスティとくしま)で開催されます。