トピックス

公開講演会「大豆のはたらき in 東京 ―子供の栄養・健康を通して―」が開催されました。



日 程 2016年10月13日(木)
場 所 日経カンファレンスルーム
主 催 公益財団法人不二たん白質研究振興財団
公開講演会 「大豆のはたらき in 東京 ―子供の栄養・健康を通して―」

○開会の挨拶
十文字学園女子大学 教授 運営委員長 山本茂 先生 日本の学校給食が子どもの健康のみならず食生活にどれほど大切な役割をはたしているのか、また大豆を含む日本の食文化の素晴らしさについてご挨拶。

○日本の学校給食と食物繊維 ―大豆食物繊維の利用研究例を通して―
女子栄養大学 名誉教授 金田雅代 先生
おからを原料にして開発された水溶性多糖類を利用した学校給食メニューの開発に取り組まれ、大量調理の中でどのように取り組んだのか、実践の様子を紹介しながら研究例をご紹介。

○アメリカ人の目からみた日本の給食の素晴らしさ
元アメリカ心臓病協会栄養士 エミリー・A・キャラハン 先生
日本の学校給食は、食物と栄養の知識、健康増進、望ましい食生活の形成において素晴らしいと講演。

○食物アレルギー 今昔物語
昭和大学医学部小児科学講座 今井孝成 先生
かつて食物アレルギー発症予防のためには、大豆を含む抗原性の高い食品は離乳食における食べ始めを遅らせるべきであると指導されてきたことに対して、英国からそれに反する調査結果が出てきており、ここ数年のうちに離乳食における種々の食物の食べ始めのタイミングに関して、変化する可能性について言及。