調理講習会 開催レポート

2019.12.26 東京都学校給食会で調理講習会を開催しました

都道府県:東京都

開催場所:公益財団法人東京都学校給食会 調理実習室

講師:平野直美先生(前中野区立桃園小学校)

参加人数:東京都の栄養教諭・学校栄養職員 21名

【献立名】
・ムロこまごはん(学校給食用カルシウム米、蒸し挽き割り大豆)
・だんべぇ汁
・白身魚と青大豆のごま味噌焼き(青大豆ペースト)
・もずくのチャプチェ風(美ら海育ちもずく)
( )内は使用した全学栄製品・すいせん製品

【コメント】
「TOKYOを食べよう~地場産物の活用~」をテーマに、21名の栄養教諭・学校栄養職員が集まり実習スタート。江戸東京野菜の中から西多摩地区の野良坊菜(のらぼうな)、江戸川区の小松菜、海産物として八丈島で獲れたメダイ、青ムロ(ムロアジ)を材料に地場産物活用と子どもたちへどう発信するかも含めての研究でした。特に青ムロのなまり節(ムロ節)と小松菜の出会いは絶妙の「ムロこまごはん」になりました。
来年はいよいよ東京オリンピックの年。地元の食材と食文化を学校給食を通じて発信していく弾みになったと思います。

一覧へ戻る