各地域における 使用事例

2021.11.10 【沖縄県豊見城市学校給食センター】「津波防災の日」に合わせ、救給カレーを提供

日時2021年11月5日

場所沖縄県豊見城市学校給食センター

内容<小学校・中学校>
救給カレー
野菜スープ(炊き出しの際によく提供される汁物)
フルーツポンチ(災害時にすぐ食べられる缶詰を使用)
牛乳
※中学校のみ、上記に加え、黒糖パンが提供されました。

11月5日(金)の「津波防災の日」に合わせて、児童生徒に食を通じて防災について考えてもらうことを目的に、市内の全小中学校で学校給食用非常食の「救給カレー」が提供されました。
災害が起きた時、日常と違う食事(非常食)を食べるということは、さらに災害の不安が募ることが考えられ、日常生活の中で非常食を体験することで、その不安を少しでも軽くし、防災への意識向上につながるという思いから、提供されました。
当日、児童生徒は、給食時間に給食のテーマや防災についての資料が配布され、救給カレーを体験しました。

学校給食用非常食【救給カレー】の提供について 詳細は、下記URLよりご確認ください。(豊見城市ホームページへリンク)
https://www.city.tomigusuku.lg.jp/education_sport/33/132/17457

一覧へ戻る